契約までの流れ

物件探しのお手伝いから、契約成立までの一連の流れについてご紹介致します。
物件に関する契約を締結するには各種審査をはじめ
書類や保険の申込み、初期費用など様々な準備が必要となります。
この流れを知ることで、スムーズに契約を行なうことができますので
事前にチェックしてみましょう。

  1. お問い合わせ
  2. 物件の内見(下見)
  3. 初期費用の確認
  1. 申し込み
  2. 審査
  3. 重要事項の説明
  1. 契約・入居の準備
  2. 契約書に署名・捺印
  3. 鍵の受け取り

具体的なご説明

お問い合わせ

気に入った物件を見つけたら、お問い合わせください。
うまく物件を見つけられない場合でも、条件を伝えることで
希望条件に近い物件をご紹介することもできます。

物件の内見(下見)

実際に物件の内見(下見)をしてみましょう。
下見の際には、室内の様子を確認することはもちろん
建物全体の状況もチェックしましょう。
さらに、家具の配置を想定した採寸や
具体的な生活を想像してみることも大切です。

初期費用の確認

物件によって、家賃や礼金・敷金の設定、仲介手数料など
条件が異なることがあるため初期費用に大きく差が生じることも珍しくありません。
気に入った物件については、初期費用の見積りで
いくらかかるのか事前にしっかりと確認しましょう。

申し込み

下見後に問題がなければ、申し込み手続きを行ないます。
必要な情報を申込書に正確に記入をしましょう。
また、免許証や保険証などの本人確認書類の提出が必要となります。
申し込みの際に保証会社の利用が条件であれば、保証会社の申込書も必要です。

審査

審査では申込書以外に、連帯保証人様(または緊急連絡先の方)に連絡して
確認することがあります。
連帯保証人様に連絡があっても問題がないよう事前に伝えておきましょう。
「連帯保証人を頼む人が居ない、頼みづらい」という場合は
連帯保証人なしでも入居できる物件をお探しします。

重要事項の説明

審査が通りましたら、担当者から「重要事項の説明」を行います。
建物の構造や条件をはじめ、入居にあたっての注意点など
契約内容に問題がないか一緒に確認しましょう。
もちろん、分からないことがあった場合は遠慮せず、質問をすることも大切です。
確認を怠ると、後からトラブルになる恐れがあるので
不安なことはその場で解決しておきましょう。

契約・入居の準備

契約の際に必要な書類を準備します。「住民票」や「印鑑証明」など
すぐに準備が難しい場合は、契約時までに余裕を持って準備しておきましょう。
また、初期費用が必要になるので入金期日をきちんと確認しておきましょう。
このタイミングから引越しの準備や、現住居の電気・ガス・水道など
ライフラインの解約・新居での開始手続きも進めておくと
準備に余裕ができ安心です。

契約書に署名・捺印

契約書の内容を充分に確認してから署名・捺印するようにしましょう。
署名・捺印は、契約者様本人だけでなく連帯保証人様の分も必要な場合があります。
連帯保証人様が遠方に住んでいる場合は、書類を郵送して
著名・捺印することもあり、その際は早めに準備をしましょう。

鍵の受け取り

契約書や必要書類の提出、入居に必要なお金の支払いが完了しましたら
鍵をお渡しします。手続きは以上となります。

^